2011-08-27

クー・クラックス・クラン(KKK)と反ユダヤ主義


※閲覧注意のこと。

 驚くべき動画を発見した。アメリカにおける黒人奴隷の大半はユダヤ人が所有しており、奴隷貿易を牛耳っていたのもユダヤ人だったと指摘している。





アミスタッド [DVD]アメイジング・グレイス [DVD]ルーツ コレクターズBOX [DVD]

 早速、「デイヴィッド・デューク」(デヴィッド、デビッドも)なる人物を検索したところ、何とクー・クラックス・クラン(KKK)のメンバーであった。クー・クラックス・クランは白人至上主義を標榜する秘密結社だ。

アメリカでくすぶる白人至上主義勢力の実態
「ナチズム擁護派の国際的なネットワーク」というレッテルはり

 上記ページによれば、宗教面では、白人至上主義者の多くは「クリスチャン・アイデンティティ」というキリスト教を信仰している。その思想は、「聖書に書かれている『約束された民族』とは、実はユダヤ人のことではなく白人である『アーリア人』であった」とするもの。宗教的な根拠が与えられている事実が重要だ。

KKK Ceremonial Robe

KKK

the KKK rally (circa early 70's)

 デイヴィッド・デュークは静かに語りかける。その童顔からは邪気もあまり感じられない。そして歴史的な証拠に裏打ちされている。人物評価に人一倍うるさい私から見ても好人物に見える。

 紳士的な差別主義者、上品な殺人者がいるとすれば、我々は正しく認識することが難しい。そもそも認知バイアス確証バイアスを自覚することは不可能だ。

確証バイアス

 クー・クラックス・クランが過去に行ってきたことを思えば、デイヴィッド・デュークの言葉をやすやすと信じるわけにはいかない。

l1

l2

l3

l4

 ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」(Strange Fruit)とは吊るされた黒人のことであった。



奇妙な果実 ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)Lady Sings the Blues

 こうした歴史があるからこそ、バンクシーの絵は強烈な風刺が効いているのだ。

BANKSY - Birmingham, AL

 暴力は必ず憎悪を生む。憎悪は世代から世代へと受け継がれて螺旋(らせん)を描く。そこから離れるのは容易なことではない。

 宗教という物語性の強さは毒物と似ている。かつて敵対勢力のない教団が存在したであろうか? 宗教こそが実は憎悪生産装置であるのかもしれない。

 ブッダは現実を相対化し、「一切の欲望から離れよ」と説いた。現実を突き放す営みがニヒリズムであるとすれば、それは知性やユーモアと似ている。

 仏道を実践するのであれば、自分の中で実体化された憎悪を笑い飛ばすことが求められる。憎悪する自分を見下ろし、憎悪するという行為そのものを拒絶する勇気が必要なのだ。

 最後に私がこよなく愛するニーナ・シモンの「奇妙な果実」を紹介しよう。





Don't Let Me Be Misunderstood

「KKK」加入儀式から逃亡の女性、射殺される 米ルイジアナ州

 米ルイジアナ(Louisiana)州で9日、白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(Ku Klux Klan、KKK)」の加入儀式を途中で離脱しようとした女性が、KKKグループの指導者に射殺された。地元当局者が明らかにした。
 この女性は、オクラホマ(Oklahoma)州タルサ(Tulsa)在住のシンシア・リンチ(Cynthia C. Lynch)さん(43)。インターネットでKKKの「Sons of Dixie(ディキシーの息子たち)」と名乗るグループのことを知り、加入儀式を受けて地元で募集活動を行おうと、バスでルイジアナ州にやって来た。
 セントタマニー(St. Tammany)郡保安官事務所やニューオーリンズ(New Orleans)の地元紙タイムズ・ピカユーン(Times Picayune)によると、リンチさんは7日に現地に到着。頭髪をそり上げるなどの儀式を行った後、ボートで沼地の中州にあるキャンプ場に移動し、たいまつに火を灯して「森の中を走り回る」などの儀式が続いたという。
 ところが9日の夕方になって、リンチさんは加入儀式からの離脱を決意。グループの指導者レイモンド・「チャック」・フォスター(Raymond "Chuck" Foster)容疑者(44)と口論になり、フォスター容疑者が40口径の拳銃でリンチさんを射殺した。地元保安官によると、フォスター容疑者はリンチさんの遺体からナイフで弾丸を取り出し、メンバーにリンチさんの所持品を燃やした後で遺体を付近の道路に捨てるように命じた。
 犯行が発覚したのは、フォスター容疑者の息子ともう1人のメンバーが10日、地元のコンビニエンス・ストアを訪れ、衣服から血痕を取り除くにはどうしたらいいかと店員に尋ねたことがきっかけだった。男たちに見覚えがあった店員が保安官事務所に通報し、逮捕につながったという。

AFP 2008-11-13

公民権運動の母ローザ・パークスとバス
エリザベス・エックフォードを罵ったヘイゼル・ブライアント
日米同時バス内差別
恐怖で支配する社会/『智恵からの創造 条件付けの教育を超えて』J・クリシュナムルティ
ナット・ターナーと鹿野武一の共通点/『ナット・ターナーの告白』ウィリアム・スタイロン黒人奴隷の生と死/『生活の世界歴史 9 北米大陸に生きる』猿谷要
黒船の強味/『日本の戦争Q&A 兵頭二十八軍学塾』兵頭二十八

0 件のコメント:

コメントを投稿