2017-05-10

バドミントン~自宅で壁打ちをする方法(スマックボール)


 ・バドミントン~自宅で壁打ちをする方法(スマックボール)
 ・スマックボールの壁打ちに関する覚え書き

 15年振りにバドミントンを始めた。私は53歳だが生まれて初めて運動音痴の気持ちが理解できた。まだ15年前はジャンプスマッシュもフライングレシーブもできた。バドミントンは遊び程度の経験しかなかったが、高校時代はバレーボールをやっていたので勘が働いた。それがどうだ。幾分スマートになった体が全く思うように動かない。基礎打ちも満足にできないレベルなので壁打ちを行う必要性を感じた。

 で、近隣を探し回ったのだが中々いい壁がない。数日前にやっと橋脚を見つけたのだが1kmほどの距離があって少し遠い。そこで何とか自宅で壁打ちをする方法を考えた。持ち家であれば壁に穴が空いても問題ないが借家だとそうはいかない。

 やはり同じことを考える人がいるようで自宅壁打ち用の商品を二つ見つけた。一つは「かべ打ち君」(3万4128円)で、もう一つは「壁打ちマスター スーパーサイレント」(7344円)である。

 壁だけ作るのは簡単だ。





 ホームセンターで確認したところ、いずれも1000円ちょっとの値段である。サイズは3×6(さぶろく)で920×1830mmだ。配達の料金は普通500円程度だと思う。店によっては無料で軽トラックを貸してくれるところもある。問題は音である。ビニールシート、ゴム、あるいは布を貼りつければ何とかなりそうだ。

 だが、やはり音が心配だ。血眼になって探し回ったところ妙案が浮かんだ。網戸である。早速ベランダの網戸でやってみたのだが反発力に欠ける。ベニヤやコンパネをくり抜いて「壁打ちマスター スーパーサイレント」を自作することも考えたが、どうも乗り気になれない。再び検索の鬼と化して調べてみた。あったあった。素晴らしい商品があった。スポンジボールからスマックボールに辿り着くのにさほど時間は掛からなかった。



 何と壁打ち動画まであるではないか。




 迷わず注文し、昨日届いた。いやはやこれは凄い。殆ど音がしないのだ。アパートでも使用できるだろう。窓でもしっかり反発する。動画のやり方はあまり上手くない。もっと壁の近くに立ち、手首の力は使わないでフォア-バックと繰り返し、ラケットを横8の字に回す感覚で行うとよい。私の場合、壁との距離は120cmである。シャトルと比べればスピードは落ちるが微妙に変化するので動体視力も鍛えられる。

 初心者のレシーブはラケットの動かし方が早すぎるところに問題がある。


 スマックボールの壁打ちはシャトルを懐に呼び込む動作が身につく。一石二鳥だ。

 もちろん橋脚での壁打ちも行う予定である。傷んだシャトルも山ほどもらってきた。スマックボールで行う壁打ちの目的はラケットワークにある。8畳くらいの部屋であれば二人で打ち合うことも可能だろう。

 全く関係ないのだが類似商品に「ウィッフルボール」がある。野球用であればこちらもオススメである。



ウィッフルボール2個 セット WIFFLE ball 箱入 米国正規品ウィッフルボール専用バットとボール1個付き WIFFLE ball

0 件のコメント:

コメントを投稿