2017-06-06

ヤマギシ会というフィクション/『カルト村で生まれました。』高田かや


『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』佐藤典雅

 ・ヤマギシ会というフィクション

『カルトの島』目黒条

 村では大人と子供の生活空間がはっきり分かれています

 そして基本、親子は別々の村に住んでいます

 別の村で暮らしている親のもとへ年に数回だけ泊まりに行くことができる

【『カルト村で生まれました。』高田かや(文藝春秋、2016年)】

 文藝春秋社『CREA WEB』の「コミックエッセイルーム」に投稿したのがデビューのきっかけとなった。

 著者はヤマギシ会(幸福会ヤマギシ会)のコミューン(村)で生まれ育ち、19歳で村を出た。結婚相手に自分の過去を語ったことで客観的な視点を得たように見える。

 毎朝5時半に起床し、ニワトリの飼育やトイレ掃除などの労働。食事は昼と夜のみ。あらゆるものが共有されている。髪型も決められている。親戚や友人からの手紙は検閲される。テレビやマンガは禁止だが『日本昔ばなし』だけは許される。食事抜きや体罰が常態化している。

 和製アーミッシュとするのは間違いだ。ヤマギシ会は新興宗教に倣(なら)っていえば新興共産主義といえよう。

 日常的に繰り返される体罰が淡々と描かれている。呼び出されると必ず平手打ち、人通りのある道路に立たされる、裸で立たされる、暗いところに閉じ込められる、髪の毛を掴んで引きずり回して壁に打ちつける、などなど。


「淡々と描かれている」のは絵のタッチもさることながら、幼児期から常態化した暴力が判断力を奪ったためだろう。家庭内の暴力は感情に任せて振るわれることが多いが、コミュニティ内の暴力はシステマティックな作業として行われる。そして暴力は必ず激化する。

 近藤(衛/フリーライター)によると、「怒り研鑽」における数時間にわたる反復の中で、怒りを覚えた動機を全面的に否定し、むしろ自分のほうが謝罪したいと涙ながらに語る参加者が現れた。さらに会場内には連鎖反応的に恍惚の表情を浮かべ、「もう腹は立ちません」と語り出す者が現れた。そのような反応に対し、進行役は頷く素振りをみせたという。近藤は「まるで集団催眠にかかったような光景だった」と述懐している。

Wikipedia:ヤマギシズム特別講習研鑽会

 巧い仕組みを考えたものだ。自発的なマインドコントロールに駆り立てる効果があるのだろう。

 精神科医の斎藤環〈さいとう・たまき〉が次のような指摘をしている。

 ところで、僕自身はカルトを次のように定義している。それは「カネのかかる信仰」であり、言い換えるなら、奉仕活動と集金システムによって幹部クラス以上に富や利権が集中するような信仰のこと。

 ヤマギシはカルト。なぜなら「参画」時に全財産没収が条件で、脱会時に返還されないから。「特講」はあきらかに洗脳。所有欲の否定は立派な教義でしょう。ニワトリの社会を理想とするから、あれは「ニワトリ憑き」集団だと断じたひとがいておかしかった。憑依も解離だからあながちデタラメではない。

 米本和広『カルトの子』によれば、エホバ、オウム、統一教会、ヤマギシ、みな児童虐待集団。カルトがやたらと学校を作りたがるのは子どもに汚れた外部の社会と接点を持たせたくないため。

 1998年、ヤマギシ学園の計画書が提出され、三重県は異例の実態調査に乗り出した。407人のヤマギシの小・中学生を対象に、アンケート形式の調査を行ったところ、世話係に暴行を受けたとする回答が80%以上、また逃げ出したいと思ったことがあるものが、やはり80%以上を占めていた。

 子供たちが記した暴行の内容。平手打ち、往復ビンタ、足蹴にする、鼻血が出るまで殴る、壁に頭を叩きつける、体を持ち上げて床に投げおろす、棒で叩く、食事を抜かれる、バットで尻を叩く、プロレス技をかける、コンクリート張りの部屋に監禁する、裸のまま屋外に放置される、などなど。

斎藤環氏 ヤマギシ会について語る

 私がヤマギシ村で育ったとしたら、二十歳を超えた時点で必ず復讐を遂げるだろう。金属バットが1本あれば十分だ。二度と暴力を振るうことができない体にしてやるところだ。相手が50人や100人であろうと何の問題もない。大人たちが目を覚ますか、あるいは二度と目を覚ますことがなくなるかのどちらかだ。

「正しい理想」が「誤った手段」を正当化する。組織やコミュニティのつながりが強いほど同調圧力も高まる。

 島田裕巳が懲(こ)りることなくヤマギシ会を称(たた)えている。

ヤマギシ会はまだやっていた

 例えば社会からドロップアウトした人々や生活困窮者を積極的に受け入れているならば一定の社会貢献は認められよう。ただし、それをもってしても児童虐待を正当化することはできない。

 ヤマギシ会というフィクションに老後の生活保障はあっても、真の自由や幸福はあり得ないだろう。

カルト村で生まれました。さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまでカルトの子―心を盗まれた家族 (文春文庫)

0 件のコメント:

コメントを投稿