2017-12-07

椅子に座って膝を揺らす/『自分で治す病気の数々 痔 膝痛 腰痛 肩こり 認知症 椎間板ヘルニア』谷幸照


 膝の軟骨が低下するのは稼働の低下が原因のようです。そこで膝の動く稼働頻度を高める運動をします。
 左右交互に膝下の動くスピードに挑戦します。膝の動く頻度を高めて軟骨の再生を促します。膝の動く頻度を高くする事により軟骨の再生を生み痛みは消えてゆきます。
 軟骨の再生が出来ますので屈伸の滑らさ(ママ)を取り戻して健康な膝を取り戻すことが出来ます。
 まず椅子に浅く掛け、膝を少し上げて膝下を前後に振ります。膝下の振るスピードはゆっくり振ります。
 ゆっくりでも歩くスピードの何倍も早い回転となります。ゆっくり痛い方の膝から交互に振り続けます。痛い膝を振りますので痛みは倍増します。倍増する痛みに耐えて振り続けて下さい。

【『自分で治す病気の数々 痔 膝痛 腰痛 肩こり 認知症 椎間板ヘルニア』谷幸照〈たに・ゆきてる〉(諏訪再生会、2012年)】

 本の作りが悪く1970年代に見掛けた左翼のアジビラを思い出したほどだ。活字も恐ろしく大きい。一段落がほぼ一ページ。その上繰り返しが多い文章で頭が痛くなってくる。膝を揺する運動は別の本にも書かれていた。で、今日足の高い椅子を入手した。

 致命的なのは「原因のよう」という推測に基きながら、軟骨の再生と痛みが消えることを断定していることだ。臨床経験に引きずられがちな人物であることが窺える。

自分で治す病気の数々―痔膝痛腰痛肩こり認知症椎間板ヘルニア
谷幸照
諏訪再生会
売り上げランキング: 1,469,588

0 件のコメント:

コメントを投稿