2019-10-23

洪水/『ブッダの 真理のことば 感興のことば』中村元


『日常語訳 ダンマパダ ブッダの〈真理の言葉〉』今枝由郎訳

 ・競争と搾取
 ・洪水

『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』アルボムッレ・スマナサーラ
『原訳「法句経」(ダンマパダ)一日一悟』アルボムッレ・スマナサーラ
・『法句経』友松圓諦
・『法句経講義』友松圓諦
・『阿含経典』増谷文雄編訳
・『『ダンマパダ』全詩解説 仏祖に学ぶひとすじの道』片山一良
・『パーリ語仏典『ダンマパダ』 こころの清流を求めて』ウ・ウィッジャーナンダ大長老監修、北嶋泰観訳注→ダンマパダ(法句経)を学ぶ会
『日常語訳 新編 スッタニパータ ブッダの〈智恵の言葉〉』今枝由郎訳
『ブッダのことば スッタニパータ』中村元訳
『スッタニパータ [釈尊のことば] 全現代語訳』荒牧典俊、本庄良文、榎本文雄訳
『原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章』アルボムッレ・スマナサーラ
『怒らないこと 役立つ初期仏教法話1』アルボムッレ・スマナサーラ
『慈経 ブッダの「慈しみ」は愛を越える』アルボムッレ・スマナサーラ
『怒りの無条件降伏 中部教典『ノコギリのたとえ』を読む』アルボムッレ・スマナサーラ
『小説ブッダ いにしえの道、白い雲』ティク・ナット・ハン
『ブッダが説いたこと』ワールポラ・ラーフラ
・『ブッダとクリシュナムルティ 人間は変われるか?』J・クリシュナムルティ

ブッダの教えを学ぶ

四六 この身は泡沫(うたかた)のごとくであると知り、かげろうのようなはかない本性のものであると、さとったならば、悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへ行くであろう。
四七 花を摘(つ)むのに夢中になっている人を、死がさらって行くように、眠っている村を、洪水が押し流して行くように、――
四八 花を摘(つ)むのに夢中になっている人が、未だ望みを果さないうちに、死神がかれを征服する。(「真理のことば」〈ダンマパダ〉第四章 花にちなんで)

【『ブッダの 真理のことば 感興のことば』中村元〈なかむら・はじめ〉訳(岩波文庫、1978年/ワイド版岩波文庫、1991年)以下同】

 東日本大震災を経験してそれまでとは全く異なった衝撃を受けた一文である。その後も自然災害が止むことはなかった。平成から令和に変わっても容赦なく台風が襲い掛かった。21の河川が氾濫し、堤防の決壊によって浸水した土地は2万5000ヘクタールに及ぶ。今日現在で70人が死亡、行方不明者が12人となっている。

 生きとし生けるものは必ず死ぬ。にもかかわらず災害死は生の基盤を揺るがす恐怖を与える。戦争やメガデス(大量虐殺)と同様に。

 本能なのか。それとも感情なのか。徒死を嫌い、無駄死にを恐れ、酔生夢死を忌(い)む裏側には「掛け替えのない人生」という誰もが信じる虚構が存在する。

 このテキストは「感興のことば」にも登場する。

一四 花を摘(つ)むのに夢中になっている人を、死がさらって行くように、――眠っている村を、洪水が押し流していくように――
一五 花を摘(つ)むのに夢中になっている人が、未だ望みを果さないうちに、死神がかれを征服する。
一六 花を摘(つ)むのに夢中になっている人が、まだ財産が集まらないうちに、死神がかれを征服する。(「感興のことば」〈ウダーナヴァルガ〉第一八章 花)

 花を摘む幸福が生を見失わせるのか。功成り名を遂げた人も、市井に埋没する人も、不遇をかこつ人も死が押し流してゆく。目を開いて周囲を見てみよう。死はありふれている。死はそこここに転がっている。中高年ともなれば親が死に、兄弟が死に、そして友人が次々と死んでゆくことにたじろぐ。だが私が見るのは他人の死だ。果たして「自分が死ぬ」という当たり前の現実を真剣に受け止めている人は少ない。

 人生の総決算が死ぬ姿にあると考えれば、死に方を問う人々が出てきて当然だ。そんな彼らが編み出した一つの解決法がたぶん「殉教」だったのだろう。“大義のために死ぬ”ことは誰が見ても絵になる。それまでの平凡な人生が突如としてドラマチックな色彩を帯びる。キリスト教宣教師は「発見の時代」(Age of Discovery/大航海時代)から近代に至るまで殉教の旗を掲げて世界を駆け巡った。

 ところがそのキリスト教を排除してきた日本にはもっと凄い死に方があった。切腹である。自らの死を苦痛の中で決断する行為は人間の意志の極限に位置するものだ。武士という存在は刀を自他に突きつける中で絶妙なバランスを社会にもたらした。その精神は大東亜戦争の特攻隊にまで引き継がれる。

「感興のことば」は「無常」の章から始まる。ここで説かれる無常とは死を意味する。諸行無常とは「何をやっても(死ぬから)無駄」と言っているようにしか思えない。真実は単純の中にある。人々が思う幸福はきっと不幸の因なのだろう。幸福は真理と懸け離れている。それは単なる欲望に過ぎない。「洪水」とは煩悩の濁流を示している。

 河海の洪水を恐れても、煩悩の洪水を何とも思わぬ己を静かに見つめる。

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

岩波書店
売り上げランキング: 20,805

2019-10-20

読み始める

医師は最善を尽くしているか――医療現場の常識を変えた11のエピソード
アトゥール・ガワンデ
みすず書房
売り上げランキング: 103,125


「脳の呼吸」を整えればあなたの全身はよみがえる!
宮野 博隆
現代書林
売り上げランキング: 8,859


頭脳から身体脳へ―条件反射を超えた動き-逆反射神経
宇城 憲治
どう出版 (旧 合気ニュース)
売り上げランキング: 387,324

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 (集英社新書)
水野 和夫
集英社 (2017-05-17)
売り上げランキング: 51,416

ぼくには数字が風景に見える (講談社文庫)
ダニエル・タメット
講談社 (2014-06-13)
売り上げランキング: 82,562

バシャールゴールド
バシャールゴールド
posted with amazlet at 19.10.20
ダリル・アンカ
ヴォイス
売り上げランキング: 21,680

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
トム・ロブ スミス
新潮社
売り上げランキング: 117,792

チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
トム・ロブ スミス
新潮社
売り上げランキング: 131,635

2019-10-16

国宝「紙本著色日月四季山水図」(作者不詳)


「紙本著色日月四季山水図」(しほんちゃくしょくじつげつしきさんすいず/大阪府河内長野市・天野山金剛寺所蔵)は2018年、重要文化財から国宝になった。左隻の月が隠れてしまっているがデジタル復元するとクッキリと映(は)える(日月山水図屏風 | 小林美術科学)。白洲正子が『かくれ里』(新潮社、1971年/講談社文芸文庫、1991年/新版、2010年)で、丸山健二が『千日の瑠璃』(文藝春秋、1992年/文春文庫、1996年)でカバーに使った。作成年代については室町時代(14-16世紀)と安土桃山時代(16-17世紀)の二説がある。

かくれ里
かくれ里
posted with amazlet at 19.10.12
白洲 正子
新潮社
売り上げランキング: 67,578

千日の瑠璃〈上〉 (文春文庫)
丸山 健二
文藝春秋
売り上げランキング: 720,465

千日の瑠璃〈下〉 (文春文庫)
丸山 健二
文藝春秋
売り上げランキング: 796,501





作者不明《日月山水図屏風》循環する宇宙のエネルギ 髙岸輝(※画像クリックで拡大)

2019-10-14

読み始める

忍者 初見良昭の教え 人生無刀捕
初見 良昭
株式会社 日貿出版社
売り上げランキング: 75,796

身体の聲 武術から知る古の記憶
光岡英稔
PHP研究所
売り上げランキング: 33,047


毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる
藤 麻美子
文響社
売り上げランキング: 17,968

北海道が危ない!
北海道が危ない!
posted with amazlet at 19.10.14
砂澤陣
扶桑社 (2019-02-07)
売り上げランキング: 144,529

証券会社がひた隠す米国債投資法
杉山 暢達
ベストセラーズ
売り上げランキング: 113,350

2019-10-12

日本語版『反日種族主義 日韓危機の根源』が予約開始


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫
文藝春秋
売り上げランキング: 11

韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場!

 緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。6月の刊行以来、10万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

 本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。

目次

 日本語版序文
 はじめに
 プロローグ 嘘の国

第1部 種族主義の記憶
 1 荒唐無稽『アリラン』
 2 片手にピストルを、片方に測量器を
 3 食糧を収奪したって?
 4 日本の植民地支配方式
 5 「強制動員」の神話
 6 果たして「強制労働」、「奴隷労働」だったのか
 7 朝鮮人賃金差別の虚構性
 8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
 9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実   10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対 
第2部 種族主義の象徴と幻想
 11 白頭山神話の内幕
 12 独島、反日種族主義の最高象徴
 13 鉄杭神話の真実
 14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
 15 親日清算という詐欺劇
 16 ネバー・エンディング・ストーリー ――「賠償!賠償!賠償!」
 17 反日種族主義の神学

第3部 種族主義の牙城、慰安婦
 18 我々の中の慰安婦
 19 公娼制の成立と文化
 20 日本軍慰安婦問題の真実
 21 解放後の40余年間、慰安婦問題は存在しなかった
 22 韓日関係が破綻するように

エピローグ 反日種族主義の報い

韓国人による“壮大な自己批判”の試み『反日種族主義』は一読の価値あり! タブーに挑んだソウル大元教授が指摘する“慰安婦シンドローム”とは? 黒田勝弘