2011-08-06

佐藤春夫、池上英洋、ウンベルト・マトゥラーナ、フランシスコ・バレーラ、熊谷晋一郎


 4冊挫折。

 挫折50『退屈読本(上)』佐藤春夫(冨山房百科文庫、1978年)/冒頭の解題で丸谷才一が絶賛している。あの小うるさい丸谷が手放しで褒めているのだ。どうしたって読み手は意気込んでしまう。で、直ぐ挫けた。文体から伝わってくる佐藤の繊細さがどうも肌に合わない。たぶん抑制されているから繊細に映るのであって、本当は随分と神経質な人物ではなかったか。鎌倉とか杉並あたりの街並に覚える違和感とよく似たものを感じた。

 挫折51『ダ・ヴィンチの遺言』池上英洋(KAWADE夢新書、2006年)/暑さに負けて読めず。ダ・ヴィンチは仕事が遅かったそうだ。

 挫折52『知恵の樹 生きている世界はどのようにして生まれるのか』ウンベルト・マトゥラーナ、フランシスコ・バレーラ/管啓次郎〈すが・けいじろう〉訳(朝日出版社、1987年/ちくま学芸文庫、1997年)/オートポイエーシスの入門書。これは間違いなく良書だと思われる。あとで読む。

 挫折53『リハビリの夜』熊谷晋一郎〈くまがや・しんいちろう〉(医学書院、2009年)/これも良書だ。第9回新潮ドキュメント賞受賞作。あとで読む。

2011-08-05

流れに任せて漂うことは誰にでもできる


「流れに任せて漂うことは誰にでもできる。死んだ犬にだってな。」と私の父親はよく言っていた。

【『働かない 「怠けもの」と呼ばれた人たち』トム・ルッツ:小澤英実〈おざわ・えいみ〉、篠儀直子〈しのぎ・なおこ〉(青土社、2006年)】

働かない―「怠けもの」と呼ばれた人たち

2011-08-04

美と暴力、昂奮と残虐


 放置していたtumblrを復活させてからというもの、ウェブ上の画像を数千枚見てきた。そして今日、この写真に辿り着いた。

 私は凍りついた。フォルムと色彩の美しさに。昂奮と残虐が交錯する瞬間に。写真の外側を埋め尽くす人々の欲望に。

 美と暴力は男女の象徴性だ。格闘技のリングには必ず美女が用意される。我々は美を求め、力を欲してやまない。

 罪のない動物が人間の手によって闘わされる。シャッター音は観客の固唾(かたず)と共に呑み込まれたことだろう。なけなしの金を全部賭けている連中だっているはずだ。

 闘鶏は私だ。上司の前では平身低頭しながら一言も抗弁できない私だ。公の場で狼藉を働く若者を注意できない私だ。女房から蔑まれ、子供からは愛想を尽かされた私だ。「いつかケリをつけてやる」と思いながら、勝負を先延ばしにし続ける私だ。

 戦意を20年前に喪失した私は、本当の自分を闘鶏にダブらせる。なりたくてもなれなかった己の姿を投影する。「中途半端に生きるくらいなら、死んだ方がましさ」とさえ思う。

 そんな嘘にまみれた空間でニワトリは闘う。二羽の間に嘘はない。トサカが焔(ほのお)のように燃え盛り、血しぶきのように撥(は)ねている。

 そして我々はニワトリ以下の日常に舞い戻るのだ。

cockfight
(Cockfight : Taken by Jan Sochor.)

闘鶏

自由と不自由


 寝たきりの老人が不自由に見えるのに、這(は)うこともできない赤ん坊が自由に見えるのはなぜか? 植物状態の人が不自由だと、どうして決めつけることができるのか? 自由に動けるのに不自由な人が多いのはなぜか? 相対的自由と絶対的自由。真の自由は、束縛からの自由でもなく不足からの自由でもない。

果断即決が斎藤秀三郎の信条


 ・若き斎藤秀三郎
 ・超一流の価値観は常識を飛び越える
 ・「学校へ出たら斃(たお)れるまでは決して休むな」
 ・戦後の焼け野原から生まれた「子供のための音楽教室」
 ・果断即決が斎藤秀三郎の信条
 ・斎藤秀雄の厳しさ

『齋藤秀雄・音楽と生涯 心で歌え、心で歌え!!』民主音楽協会編

 家に帰って斎藤はさっそく書生を通して父と話し合う約束をとりつけた。
「ドイツに音楽の勉強に行きたいのです」
「ああ、いいだろう」
 ものの10分しないうちに秀雄の留学は決まった。
 音楽は男子がするものではないといった風潮の時代である。斎藤家の総領である秀雄の寝耳に水のような音楽留学の申し出を、あっけなく秀三郎が認めたなどということは、「果断即決が先生の信条」と納得していた弟子筋の人々にとっても驚嘆以外のなにものでもなかった。

【『嬉遊曲、鳴りやまず 斎藤秀雄の生涯』中丸美繪〈なかまる・よしえ〉(新潮社、1996年/新潮文庫、2002年)】


嬉遊曲、鳴りやまず―斎藤秀雄の生涯嬉遊曲、鳴りやまず―斎藤秀雄の生涯 (新潮文庫)
(※左が単行本、右が文庫本)

石井美千子「昭和のこどもたち」


公式サイト
「昭和のこどもたち 石井美千子人形展」を見て

isii1

isii2

isii3

isii4

isii5

昭和のこどもたちわれら腕白小僧―昭和のこどもたち (Shotor Museum)

2011-08-03

アフマド・シャー・マスードの思い出


アフマド・シャー・マスードの思い出(スライドショー)
アフガンの英雄アフマド・シャー・マスード/『マスードの戦い』長倉洋海

 マスードはアフガニスタンを民主化に導こうとしていた。もう少しで手が掛かりそうになったその時、彼は暗殺された。9.11テロの2日前のことだった。米国がアフガニスタンと戦争をするためには彼の存在が邪魔だったのだろう。パンジシールの獅子はメディア関係者を装ったテロリストに殺害された。

 大の読書家で、1997年時には、寝る間も惜しみ読書に時間を割いていたため、1日の睡眠時間はおよそ2時間程度だった。1996年のタリバーンの攻勢により、事前に首都から撤退したが、その際マスードは約3000冊の蔵書を持ち出している。持ち出した蔵書は実家のゲストハウスの廊下に山のように積み上げられていた。その読書に対する執着ぶりは、夜間、発電機が止まり、あたりが暗くなっても胸からペンライトを取り出し、何事もなかったかのように読書を続けるほどであったという。(Wikipedia

AAEC001359

AAEC001233

AAEC001336

AAEC001339

AAEC001337

マスード 愛しの大地アフガン ぼくが見てきた戦争と平和

獅子と呼ばれた男―アフガニスタンからの至急報スリー・カップス・オブ・ティー

伝統と調和

人間は人間を拷問にかけ、火あぶりに処し、殺害してきた


 人間が人間に対して行なったことには限度というものがありません。人間は人間を拷問にかけ、火あぶりに処し、殺害し、可能な限りの方法で宗教的、政治的、経済的に食いものにしました。それが人間が人間に対して行なってきたことです。利口な人がぼんやりした人、無知な人を食いものにします。

【『学校への手紙』J・クリシュナムルティ:古庄高〈ふるしょう・たかし〉訳(UNIO、1997年)】

学校への手紙

Human Torch
(1991年ピュリッツァー賞、Greg Marinovich撮影)

ul
(Ulrich Lamsfuss作)

暴力と欲望に安住する世界/『既知からの自由』J・クリシュナムルティ
国連総会のテロ非難決議に反対したアメリカとイスラエル(1987年)
イエスの道徳的性格には重大な欠点がある/『宗教は必要か』バートランド・ラッセル
セイラムの魔女裁判を脚色/『クルーシブル』ニコラス・ハイトナー監督

「ニューズ・オブ・ザ・ワールド 盗聴事件とルパート・マードック」映画評論家・町山智浩


TBS RADIO 小島慶子 キラ☆キラ(ポッドキャスト)

英国:盗聴告発の元記者が死亡 事件性はなしとの見方

 英日曜紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(廃刊)による盗聴事件で、盗聴が組織的に行われていたと告発した同紙元記者の男性、ショーン・ホアさんが18日、英南東部ワトフォードの自宅で死亡しているのが見つかった。英メディアが報じた。
 警察は、死因は不明だが事件性はないとの見方を示している。英PA通信は近所の人の話として、ホアさんがアルコール依存症で精神的に不安定だったとしている。
 ホアさんは昨年、米紙ニューヨーク・タイムズなどに、ワールド紙で盗聴が広く行われ、逮捕された元編集長アンディ・クルソン容疑者から盗聴を求められたなどと証言していた。
 先週には、ワールド紙が警官に金を渡す見返りに携帯電話の位置情報を得て、取材対象の所在をつかんでいたとするホアさんの新たな証言も報じられた。(ロンドン共同)

【毎日jp 2011-07-19】

2011-08-02

それでも生きる子供たち


Mio Cade's photostream(スライドショー)

卑弥呼の「鬼道」はシャーマニズムではなく道教


 卑弥呼は「鬼道」を事とし、「男弟」がこれを補佐し、「婢千人」がその周辺に侍(はべ)るばかりでなく、「宮室・楼観・城柵、厳かに設け、常に人有り、兵を持して守衛す」るまさに初期王権の王者であったといってよい。
「鬼道」については、これをシャーマニズムと解釈する説が多いけれども、「鬼道」はたんなるシャーマニズムではなかった。かつて指摘したとおり、「鬼道」の用辞は『倭人伝』だけではなく、『三国志』の『蜀書』(蜀志)劉焉伝や『魏志』張魯伝にもあって、それはすべて道教を意味する。したがって『三国志』をまとめた陳寿の書法に従えば、卑弥呼の宗教を道教に類するものとみなしての「鬼道」であったと理解すべきであろう。

【『古代日本のこころとかたち』上田正昭(角川叢書、2006年)】

古代日本のこころとかたち (角川叢書)

東京イルミネーション

Tokyo, Japan at Night (NASA, International Space Station, 01/09/11)

See something or say something: Tokyo

東京の夜景は残業でできている

2011-08-01

少年兵は殺人者であり犠牲者でもある


 チェマ神父は言います。
「子どもたちを救わなければいけません。本当に平和を願うのなら、兵士だった子どもたちへの見方を変えなくてはいけません。
 確かに、彼らは罪をおかしたかもしれません。でも、彼らは同時に犠牲者なんです。子どもたちは強制されて兵士になったのです。人殺しが好きな子なんて、どこにもいないのです。」
 わたしは、アンプティ・キャンプで出会った右手と両耳を失ったサクバーさんとの会話を思い出しました。わたしが、
「もし、今、子ども兵士が目の前にいたら、言いたいことは何かありますか?」
 とたずねた時のことです。
 サクバーさんは答えました。
「おれはこう思うよ。彼らはまだ幼い子どもだし、何も知らずに兵士として使われたんだろう。
 もし、その子がおれの目の前にいたとしても、おれは彼を責めない。たとえ、そいつが知っている子だったとしても、おれは何もしやしない。
 おれたちはこの国に平和がほしいんだ。何よりも平和なんだ。それがすべてさ。
 彼らを許さなきゃいけない。でも、絶対に忘れることはできない。答えはいつも同じだよ。
 理由は、この右腕さ。
 朝起きると、おれはどうしてもこの切られた右腕を見てしまう。いやでも見えるからな。もともとおれには、2本の手があったんだ。だから彼らを許せても、絶対に忘れはしない。」

【『ダイヤモンドより平和がほしい 子ども兵士・ムリアの告白』後藤健二(汐文社、2005年)】

ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白

2011-07-31

福島十三景


 日は沈み、また昇る。そして必ず、花咲く時が訪れる。

Fukushima

Ippon Buna, Iwaki, Fukushima

Twilight Time (Canon G9 test shots)

A Blast of the Past - Barsebäck Nuclear Power Plant.        "Fukushima is todays Blast"


Fukushima city panorama sunset

Fukushima Fire Fest

Fukushima sunset

Sunset Sky

Fukushima city view

fukushima japan-2

Land of the rising sun

20100418-2

花見山

福島の夕焼け

目先のことが気になる各国首脳

Bush ads: Amnesty International

Bush ads: Amnesty International

Bush ads: Amnesty International

Bush ads: Amnesty International

テクニカル分析の前提


 テクニカル分析の前提は三つある。
A 市場の動きはすべてを織り込む。
B 価格の動きはトレンドを形成する。
C 歴史は繰り返す。

【『先物市場のテクニカル分析』ジョン・J・マーフィー:日本興業銀行国際資金部訳(金融財政事情研究会、1990年)】

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

ヴァンス・パッカード、上田正昭、金森誠也、中島敦


 3冊挫折、1冊読了。

 挫折47『浪費をつくり出す人々 パッカード著作集3』ヴァンス・パッカード:南博、石川弘義訳(ダイヤモンド社、1961年)/電通の戦略十訓が本書によって作られたと知り、直ぐ取り寄せた。面白い。とても半世紀前の本とは思えないほどだ。文章が洗練されていて、訳もこなれている。100ページを過ぎたところでやめる。申しわけないんだが、ビジネスにはあまり興味がない(笑)。戦うサラリーマンであれば必読だ。

 挫折48『古代日本のこころとかたち』上田正昭(角川叢書、2006年)/本が重い。紙質がよいためだろう。堅牢な作り。私にとっては内容が専門的すぎた。歴史の流れや史観には興味があるのだが、歴史そのものには関心がない。

 挫折49『面白いほどよくわかるローマ帝国 巨大帝国の栄光と衰亡の歴史』金森誠也〈かなもり・しげなり〉監修(日本文芸社、2006年)/構成に難あり。2ページで1トピックとなっているが、書き出しの文章が独立していて物語性が失われている。「面白くない」ので直ぐやめた。

 50冊目『中島敦』中島敦(ちくま日本文学、2008年)/新潮文庫の『李陵・山月記 』は一度読んでいるのだが、以前から「文字禍」が気になっていた。予想以上に面白かった。宮城谷昌光の長篇を読んだ後では「弟子」「李陵」も趣が一変する。恐るべき才能の持ち主は34歳で逝去した。つくづく惜しまれる。日本の短篇集では福永武彦と双璧を為す、と私は思う。池澤夏樹(福永の子息)の解説は余計だ。臭みのある文章でせっかくの余韻を台無しにしている。