2019-05-04

時のない状態/『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ


 ・自由の問題 1
 ・自由の問題 2
 ・自由の問題 3
 ・欲望が悲哀・不安・恐怖を生む
 ・教育の機能 1
 ・教育の機能 2
 ・教育の機能 3
 ・教育の機能 4
 ・縁起と人間関係についての考察
 ・宗教とは何か?
 ・無垢の自信
 ・真の学びとは
 ・「私たちはなぜ友人をほしがるのでしょうか?」
 ・時のない状態

クリシュナムルティ著作リスト
必読書リスト その五

 誰にも依存してはいけません。私や他の人が、時のない状態があると言うかもしれません。しかし、それがあなたにとって何の価値があるのでしょう。お腹が空いているなら食べたいし、単なる言葉をあてがわれたくはないでしょう。重要なのは、あなた自身で見出すことなのです。まわりのあらゆるものごとが腐敗して、滅んでゆくのが見えるのです。いわゆる文明ももはや集団的意志ではまとまってゆかないし、バラバラになろうとしています。刻々と生は挑戦してきます。そして、単に習慣のわだちから挑戦に応答するなら、それは受け入れという形で応答することになり、そのときあなたの応答は妥当性を持ちません。時のない状態、「もっと」とか「まだ」という動きのない状態があるのかないのかは、「私は受け入れない。究明し、探究してゆこう」と言うときにだけ、見出だせます。それが、一人で立つことを恐れていないということなのです。

【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ:藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】

 私が最も多く贈本している作品なのだがとにかく反応が芳しくない。どいつもこいつも「難しい」と言う。理窟(りくつ)で捉えるから難しく感じるのだろう。ただ風に吹かれ、雨に打たれるように読めばいいのだ。クリシュナムルティの言葉を通して私の心には恐るべき振動が起こる。しかしながら私自身の音を奏でるまでには至っていない。

科学の限界/『宇宙を織りなすもの』ブライアン・グリーン

 科学が限界を悟ったのは物理的な時間であるが、人生にとって最大事は心理的な時間である。一生という時間をどう生きるか。そこに一人ひとりの個性がある。

 クリシュナムルティの言葉がわかりにくいのは言葉の圧縮度が高いためだ。例えば上記テキストであれば、「なぜ心は衰退し、老けて、重く、鈍くなるのか?」(176頁)を読めばストンと腑に落ちる。また、「なる」(ビカミング)という理想や目標が将来性を目指して時間を必要とするのに対し、自分自身がただ「ある」(ビーイング)という姿は現在性の中にしか見出せない。我々は成長や向上を目指した途端に社会の奴隷(「習慣のわだち」)となってしまうのだ。

 自転車で走っていると何となく「時のない状態」を感じることがある。




「時のない状態」とは死であろう。「私」という自我を死なすことができれば現在の中に無限を見出すことが可能となる。それはまた過去と未来の否定でもある。「ただ、ある」時、うごめく森羅万象が、生の潮流が眼前に立ち現れるのだろう。

子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)
J. クリシュナムルティ
平河出版社
売り上げランキング: 194,873

科学の限界/『宇宙を織りなすもの』ブライアン・グリーン


『宇宙をプログラムする宇宙 いかにして「計算する宇宙」は複雑な世界を創ったか?』セス・ロイド

 ・科学の限界

『死生観を問いなおす』広井良典
『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ

情報とアルゴリズム
必読書リスト その三

 当然ながら、瞬間には時間の経過は含まれない(少なくとも、私たちが知覚しているこの時間の場合には)。なぜなら、瞬間とは時間の素材であり、ただそこに存在するだけで変化しないからである。どれかの瞬間が時間のなかで変化できないのは、どれかの場所が空間のなかで移動できないのと同じことだ。ある場所が空間のなかで移動すれば、別の場所になるだけのことだし、時間のなかである瞬間を移動したとすれば、別の瞬間になるだけのことだろう。このように、映写機の光が次々と新しい「今」に生命を与えていくという直観的なイメージは、詳しい吟味には耐えないのである。どの瞬間も、今このときに照らし出されており、いつまでも照らし出されたままだ。どの瞬間も、今このときに【実在している】のである。こうして詳しく吟味してみれば、時間は流れていく川というよりもむしろ、永遠に凍りついたまま今ある場所に存在し続ける、大きな氷の塊に似ている。
 この時間概念は、ほとんどすべての人が慣れ親しんでいる時間概念とはかけ離れている。アインシュタインは、この時間概念が彼自身の洞察から導かれたものであるにもかかわらず、これほど大きな考え方の変化をきちんと理解することの難しさに無理解ではなかった。ドイツの論理学者で科学哲学者でもあるルドルフ・カルナップは、このテーマでアインシュタインと交わした素晴らしい対話について次のように述べている。「アインシュタインは、今という概念をめぐる問題は彼をひどく悩ませると言った。そして彼は、人間にとって今という経験は特別なものであり、過去と未来とは本質的に異なるが、この重要な差異は物理学からは出てこないし、出てくることはありえないと説明した。彼にとって、科学が今という経験を捉えられないことは、辛いけれども諦めなければならないことであるらしかった」

【『宇宙を織りなすもの』ブライアン・グリーン:青木薫訳(草思社、2009年/草思社文庫、2016年)】

 主人公は時空である。宗教と科学が時間という軸によって接近することは何となく察しがついた。宗教を尻目に科学は相対性理論や量子論によって時間の本質に迫りつつある。ブッダは現在性を開き、キリスト教は永遠を説いたが宗教の足並みはそこで止まったままだ。

 時間の矢が逆転しても物理的には問題がないという。ところが我々の思考では割れた卵が元通りになることは考えにくい。時間に方向性を与えているのはエントロピー増大則だ。乱雑さは増大し形あるものは成住壊空(じょうじゅうえくう)のリズムを奏でる。

 瞬間に時間の経過は含まれない――とすれば瞬間の中にこそ永遠があるのだろう。そして科学は瞬間において自らの限界を弁えた。ここに科学の偉大なる自覚がある。教団は万能だ。あらゆることを可能にすると宣言し、無謬(むびゅう)であるかのように振る舞う。そこに自覚はない。汝自身を知らずして信者には夢だけ見させているのだ。薬事法を無視した健康食品さながらだ。

 瞬間という現在性に立脚するのが真の宗教性だ。ブッダが道を示し、クリシュナムルティが道を拓き、「悟りを開いた人々」がその後に続く。諸行無常、諸法無我、涅槃寂静(三法印)のみが真実なのだろう。

文庫 宇宙を織りなすもの 上: 時間と空間の正体 (草思社文庫)
ブライアン グリーン
草思社
売り上げランキング: 243,965

文庫 宇宙を織りなすもの 下: 時間と空間の正体 (草思社文庫)
ブライアン グリーン
草思社
売り上げランキング: 277,274

宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 上
ブライアン・グリーン
草思社
売り上げランキング: 393,758

宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 下
ブライアン・グリーン
草思社
売り上げランキング: 400,764

2019-04-29

アラン・チューリングの計算概念/『生命を進化させる究極のアルゴリズム』レスリー・ヴァリアント


『史上最大の発明アルゴリズム 現代社会を造りあげた根本原理』デイヴィッド・バーリンスキ
『アルゴリズムが世界を支配する』クリストファー・スタイナー

 ・アラン・チューリングの計算概念

情報とアルゴリズム
必読書リスト その三

 これは逆説的に見えるかもしれない。人類は明らかにチューリング以前から存在していたのに、チューリングの計算概念はそれまで認識されていなかった。すると、チューリングの理論が、それまでは、その痕跡すら思いもよらなかったというのに、人類にとって根本的なものであるとは、いったいどういうことになるのだろう。
 これに対する私の答えは、チューリング以前の時代にも、実は生命が始まって以来ずっと、あらゆる生命形態の内部で、この世を支配する力は計算だったということだ。しかしその計算は非常に特殊な種類のものだった。この計算は、今のノートパソコンの能力と比べれば、ほとんどどの時点でも負けている。それでも、ある一点、つまり適応に関しては、きわめて優れていた。こうした計算のことを、私はエコリズムと呼ぶ――つまり、その処理能力を自分が住み着いている環境からの学習によって導き、そこで有効な行動ができるようにするアルゴリズムである。これを理解するには、チューリングの言う意味での計算を理解する必要がある。しかし、その定義を精密にして、学習、適応、進化という特定の現象を捉えることも必要となる。

【『生命を進化させる究極のアルゴリズム』レスリー・ヴァリアント:松浦俊輔〈まつうら・しゅんすけ〉訳(青土社、2014年)】

 計算の概念を変えたのはチューリングの論文であった。進化すら y=f(x) に置き換えることが可能なのだ。自然環境も人間も変数として扱われる。人生とは生き永らえるための計算(手順、戦略)と考えてよい。我々がマネーの価値を絶対的に信用するのも多分計算しやすいためなのだろう。

 結婚のアルゴリズムを思えばわかりやすい。恋愛感情、家柄、資産、年収、学歴、能力、容姿、性格など様々なチェック項目があるが、誰もが遺伝子を残すために最も有利な選択をする。「チッ、計算高い女だな」と言うなかれ。皆が皆、それぞれ計算をしているのだ。

 政治も宗教もこうした計算の範疇(はんちゅう)に収まる。ただし科学や情報技術の進歩に対して政治や宗教の遅々とした歩みは腑に落ちない。

生命を進化させる究極のアルゴリズム
レスリー・ヴァリアント
青土社
売り上げランキング: 510,201

読み始める

日本人の可能性 (1981年)
小室 直樹
プレジデント社
売り上げランキング: 1,338,070

小室直樹の日本大封鎖 世界の孤児日本は生き残れるか
小室直樹
KK・ロングセラーズ
売り上げランキング: 664,046

アメリカの標的―日本はレーガンに狙われている
小室 直樹
講談社
売り上げランキング: 920,501

ブッダが考えたこと ―プロセスとしての自己と世界―
リチャード・ゴンブリッチ Richard Gombrich
サンガ (2018-04-25)
売り上げランキング: 35,335

脳と自然と日本
脳と自然と日本
posted with amazlet at 19.04.29
養老 孟司
白日社
売り上げランキング: 245,974

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記
松浦 晋也
日経BP社
売り上げランキング: 4,156

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 187

脳は回復する  高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書)
鈴木 大介
新潮社
売り上げランキング: 16,193

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)
ディック・フランシス
早川書房
売り上げランキング: 300,377

消されかけた男 (新潮文庫)
ブライアン フリーマントル
新潮社
売り上げランキング: 20,573

別れを告げに来た男 (新潮文庫 フ 13-2)
フリーマントル
新潮社
売り上げランキング: 283,002

再び消されかけた男 (新潮文庫)
フリーマントル
新潮社
売り上げランキング: 88,547

呼びだされた男 (新潮文庫)
フリーマントル
新潮社
売り上げランキング: 321,981

2019-04-28

「計算」という概念/『アルゴリズムが世界を支配する』クリストファー・スタイナー


『史上最大の発明アルゴリズム 現代社会を造りあげた根本原理』デイヴィッド・バーリンスキ

 ・「計算」という概念

『生命を進化させる究極のアルゴリズム』レスリー・ヴァリアント

情報とアルゴリズム
必読書リスト その三

 アルゴリズムは、通常はプログラムされた通りに行動する。おとなしく株の取引をしたり、Amazon.com では需要と供給に見合った本の値付けをしたりしている。しかしいったん人間の目が行き届かなくなると、アルゴリズムは不思議な行動をとってしまうことがある。私たちが世の中の多くの物事をアルゴリズムの管理下に置けば置くほど、何かが置きたときにその原因が誰なのか、何なのか、突きとめることは難しくなる。この現実はじわじわと私たちの住む世界を侵食し、ついにフラッシュ・クラッシュという形で爆発したのだ。

【『アルゴリズムが世界を支配する』クリストファー・スタイナー:永峯涼〈ながみね・りょう〉訳(角川EPUB選書、2013年)】

 アルゴリズムは算法と訳される。ま、計算法と考えてよい。コンピュータの基礎となるのがアルゴリズムで、上述テキストの通りフラッシュ・クラッシュ(劇的な相場暴落)を通して注目されるようになった概念である。

 株式や先物・通貨・債券などのマーケットは既にコンピュータ売買が主流となっている。想定範囲内の値動きであれば逆張りもあり得るが、価格が大きく変動した場合は順張りにするのが通常のアルゴリズムだろう。つまり上がる時は買いが買いを呼び、下がる時は売りが売りを招く状態となりやすい。

 というのが日経新聞を始めとするありきたりの解説だが実際は違う。暴落の真相はわからないのだ。これがアルゴリズムの「不思議な行動」である。

 問題解決のための効率的な手順や計算方法がアルゴリズムで、料理のレシピなんかはアルゴリズムそのものである。ま、「拝めば幸せになれる」というのも宗教的アルゴリズムと考えてよかろう。私からは「信じる者は救われ【ぬ】」とアドバイスしておこう。

 アルゴリズムを通して「計算」という概念が変わった。生きることを計算と捉えることまで可能となった。量子力学が情報に踏み込んだ時点で宇宙までもが計算機と考えられるに至った(『宇宙をプログラムする宇宙 いかにして「計算する宇宙」は複雑な世界を創ったか?』セス・ロイド)。

 行動経済学と社会科学の間の溝が埋まれば社会のアルゴリズムも解き明かされることになるだろう。

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)
クリストファー・スタイナー
角川書店
売り上げランキング: 55,752

ウォーキング三部作/『あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング』みやすのんき


『高岡英夫の歩き革命』高岡英夫:小松美冬構成
『あらゆる不調が解決する 最高の歩き方』園原健弘

 ・ウォーキング三部作

・『走れ!マンガ家 ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!』みやすのんき
・『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』ヴァイバー・クリガン=リード

必読書リスト その一

 危険なのは横たわっている状況だけではありません。
 イギリスのスポーツ医学雑誌「British Journal of Sports Medicine」オンライン版に発表された研究では、オーストラリア糖尿病学会が行った「オーストラリア肥満・生活習慣研究(AusDiab)」や、オーストラリア国民健康調査のデータを検討した結果、テレビを1日平均6時間視聴すると、まったく見なかった場合と比べて【“4年8ヶ月”も寿命が短くなってしまう】という結論が導き出されました。じっと座って1時間テレビを見ることで、寿命が約22分縮んだことになるのです。
 肝心なのは【テレビそのものが悪いのではなく、「座る」行為が身体によくない】ことです。
 テレビに限らず、オフィスでじっと1時間座っていても、クルマを1時間座って運転していても寿命が22分間縮むことになります。ちなみにタバコは1本吸うごとに寿命が11分縮むといわれています。つまり、【1時間座って仕事をするほうが、タバコを1本吸うよりも寿命が縮む】のです!
 カナダ・トロントの研究チームが、座る時間が長い生活スタイルについて調べた47の調査結果を分析した結果、【座る時間が長いと心血管系の疾患や癌、2型糖尿病などの慢性疾患を発症して死に至る確率が高まる】ことが分かりました。

【『あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング』みやすのんき(彩図社、2016年)以下同】

 確か『アルツハイマー病は治る』(ミヒャエル・ネールス、2018年)でも同じ指摘があったように思う。アルツハイマーですら文明病だというのだ。何度も書いているが小学生を椅子に坐りっ放しにする義務教育のあり方はどう考えてもおかしい。野山を駆け巡り、木に上るのが児童本来の行動だ。

 タバコの記述に関しては少々安易で、肺癌患者の喫煙者に注目するか喫煙者全体を見るかで結果は異なる。寿命については相関関係を因果関係と誤解する論法が多すぎて信じるに値しない。そもそも喫煙を始めたのはアメリカ・インディアンだが彼らは長寿であった。

 みやすは「なぜASIMOの歩き方はおかしいのか?」と問う。そして人体の特徴が「骨盤」にあることを示す。

 人間の歩行は地球上の他のいずれの動物とも違うのです。【背骨や膝をまっすぐ伸ばし、踵をつけて歩く直立二足歩行】です。単なる“二足歩行”の動物は、熊や猿、鳥類、エリマキトカゲなどたくさんいます。しかしこれらは骨盤が発達していないために、おっかなびっくりな歩き方で長時間の二足歩行には堪えられません。
 人間がなぜ直立二足歩行ができるようになったのかというと、しっかり立つことができるように2~300万年の間に骨盤と踵が他の動物に比べて大きく進化したからなのです。
 ロボットの話に戻ると、【彼らは概して歩行のために骨盤や上体を使っていない】のです。

 私はかねがね「姿勢を正すとは背筋を伸ばすことではなく骨盤を起こすことだ」と考えてきたのだが、「骨盤が進化した」との指摘に目から鱗が落ちる思いがした。体幹は意識しにくい。むしろ骨盤に意識を向けた方が上半身と下半身を自由に動かせるような気がする。

 人間の歩行は、【股関節や膝が脱力して足を振り子のように振り出して進みます】。これを【二重振り子歩行】といいます。だから長時間歩けるのです。人間の歩き方は骨盤を中心とした体幹が起動されて足に伝わって歩くのです。

 大転子(だいてんし)とは骨盤側面の下に位置で大腿骨が出っ張っている部分である。ここを振ることによって脚の重さを利用するのだ。当然、大転子を動かすためには大臀筋(だいでんきん)が働く。つまり大転子ウォーキングは必ず大臀筋ウォーキングとなるのだ。これでピンと来る人は少ないだろう。みやすがモンロー・ウォークを示したのは卓見である。

 つまりこうだ。大股で体を左右に振って極端なナンバ歩きをしてみればよい。それから大転子ウォーキングをすれば歩幅が格段に広がることを実感できる。つまりナンバ歩きは体を捻(ねじ)らないのと同時に歩幅を広げる効果があったのだ。

 いやはや驚きである。実践していくうちに体が目覚めてくるのだ。私は自転車の乗り方まで一変した。みやすのんきは漫画家であるが説明能力はオリンピック選手を軽々と凌駕する。

 着地は踵(かかと)の真ん中としているのもミッドフットと考えてよかろう。爪先を上げるのもサンダル利用者であれば普通に行っていることで、かつて人類が裸足で歩いていた事実を思えばまったく自然である。

 ウォーキング三部作は必ず順番通りに読むこと。そうすれば本書が天才本であることが納得できよう。

あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング
みやす のんき
彩図社 (2016-11-25)
売り上げランキング: 165,669

走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!
みやす のんき
実業之日本社
売り上げランキング: 32,001

「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー
みやすのんき
実業之日本社
売り上げランキング: 46,995


サブスリー漫画家 激走 山へ!
みやすのんき
実業之日本社
売り上げランキング: 36,412