2011-06-12

キリスト教を知るための書籍


     ・キリスト教を知るための書籍
     ・宗教とは何か?
     ・ブッダの教えを学ぶ
     ・悟りとは
     ・物語の本質
     ・権威を知るための書籍
     ・情報とアルゴリズム
     ・世界史の教科書
     ・日本の近代史を学ぶ
     ・虐待と知的障害&発達障害に関する書籍
     ・時間論
     ・身体革命
     ・ミステリ&SF
     ・必読書リスト

『地下足袋の詩(うた) 歩く生活相談室18年』入佐明美
アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)
『科学と宗教との闘争』ホワイト
『思想の自由の歴史』J・B・ビュァリ
『魔女狩り』森島恒雄
奇跡を考える 科学と宗教 (講談社学術文庫)
『聖書vs.世界史 キリスト教的歴史観とは何か』岡崎勝世
『「私たちの世界」がキリスト教になったとき コンスタンティヌスという男』ポール・ヴェーヌ
『殉教 日本人は何を信仰したか』山本博文
『青い空』海老沢泰久
『日本人のための宗教原論 あなたを宗教はどう助けてくれるのか』小室直樹
『完全教祖マニュアル』架神恭介、辰巳一世
『現代版 魔女の鉄槌』苫米地英人
『イエス』R・ブルトマン
『宗教の倒錯 ユダヤ教・イエス・キリスト教』上村静
〈私〉だけの神――平和と暴力のはざまにある宗教
『仏教とキリスト教 イエスは釈迦である』堀堅士
イエス・キリストは実在したのか?
・『仁義なきキリスト教史』架神恭介
『インディアスの破壊についての簡潔な報告』ラス・カサス
『生活の世界歴史 9 北米大陸に生きる』猿谷要
『ピダハン 「言語本能」を超える文化と世界観』ダニエル・L・エヴェレット
『宗教は必要か』バートランド・ラッセル
『死生観を問いなおす』広井良典
『洗脳支配 日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて』苫米地英人
『精神の自由ということ 神なき時代の哲学』アンドレ・コント=スポンヴィル
『神は妄想である 宗教との決別』リチャード・ドーキンス
『解明される宗教 進化論的アプローチ』 ダニエル・C・デネット
『宗教を生みだす本能 進化論からみたヒトと信仰』ニコラス・ウェイド
『神はなぜいるのか?』パスカル・ボイヤー
『西洋一神教の世界 竹山道雄セレクション第2巻』竹山道雄:平川祐弘編
『みじかい命』竹山道雄
『いかにして神と出会うか』J・クリシュナムルティ

0 件のコメント:

コメントを投稿