2019-10-12

日本語版『反日種族主義 日韓危機の根源』が予約開始


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫
文藝春秋
売り上げランキング: 11

韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場!

 緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。6月の刊行以来、10万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

 本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。

目次

 日本語版序文
 はじめに
 プロローグ 嘘の国

第1部 種族主義の記憶
 1 荒唐無稽『アリラン』
 2 片手にピストルを、片方に測量器を
 3 食糧を収奪したって?
 4 日本の植民地支配方式
 5 「強制動員」の神話
 6 果たして「強制労働」、「奴隷労働」だったのか
 7 朝鮮人賃金差別の虚構性
 8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
 9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実   10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対 
第2部 種族主義の象徴と幻想
 11 白頭山神話の内幕
 12 独島、反日種族主義の最高象徴
 13 鉄杭神話の真実
 14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
 15 親日清算という詐欺劇
 16 ネバー・エンディング・ストーリー ――「賠償!賠償!賠償!」
 17 反日種族主義の神学

第3部 種族主義の牙城、慰安婦
 18 我々の中の慰安婦
 19 公娼制の成立と文化
 20 日本軍慰安婦問題の真実
 21 解放後の40余年間、慰安婦問題は存在しなかった
 22 韓日関係が破綻するように

エピローグ 反日種族主義の報い

韓国人による“壮大な自己批判”の試み『反日種族主義』は一読の価値あり! タブーに挑んだソウル大元教授が指摘する“慰安婦シンドローム”とは? 黒田勝弘

2019-10-11

読み始める



「孫子」を読む (講談社現代新書)
浅野 裕一
講談社
売り上げランキング: 445,431

諸子百家―儒家・墨家・道家・法家・兵家 (中公新書)
湯浅 邦弘
中央公論新社
売り上げランキング: 245,351

恐怖の地政学 ―地図と地形でわかる戦争・紛争の構図
ティム・マーシャル
さくら舎
売り上げランキング: 92,469

お金は「歴史」で儲けなさい
加谷珪一
朝日新聞出版 (2015-01-20)
売り上げランキング: 74,624

感じる経済学 コンビニでコーヒーが成功して、ドーナツがダメな理由
加谷 珪一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 467,897

地下道の少女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ ルースルンド ベリエ ヘルストレム
早川書房
売り上げランキング: 43,649

2019-10-08

「すべての身体表現の源は、胴体にあり」/『スーパーボディを読む ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」』伊藤昇


『究極の身体(からだ)』高岡英夫
『フェルデンクライス身体訓練法 からだからこころをひらく』モーシェ・フェルデンクライス
『運動能力は筋肉ではなく骨が9割 THE内発動』川嶋佑
『ウィリアム・フォーサイス、武道家・日野晃に出会う』日野晃、押切伸一
『大野一雄 稽古の言葉』大野一雄著、大野一雄舞踏研究所編
『武学入門 武術は身体を脳化する』日野晃
『ことばが劈(ひら)かれるとき』竹内敏晴

 ・「すべての身体表現の源は、胴体にあり」

『気分爽快!身体革命 だれもが身体のプロフェッショナルになれる!』伊藤昇、飛龍会編
『月刊「秘伝」特別編集 天才・伊藤昇と伊藤式胴体トレーニング「胴体力」入門』月刊「秘伝」編集部編
・『火の呼吸!』小山一夫、安田拡了構成
・『新正体法入門 一瞬でゆがみが取れる矯正の方程式』佐々木繁光監修、橋本馨
・『仙骨姿勢講座 仙骨の“コツ”はすべてに通ず』吉田始史
『ストレス、パニックを消す! 最強の呼吸法システマ・ブリージング』北川貴英

身体革命

 胴体から出る力=胴体力は、しなやかで強い。
 そして、一度身につけてしまえば、なかなか衰えることがない。
 スポーツマンやダンサー、俳優だけでなく、自分の「身体能力」に限界を感じている人はすべて、胴体の動きを変えていけば、これまで以上の力を必ず発揮できる。
 ただ、胴体の動きは手や足に比べて、見えにくいのが難点だ。(中略)
「すべての身体表現の源は、胴体にあり」
 人間の、そしてあなたが持っている胴体の能力に驚き、自信を持っていただきたい。

【『スーパーボディを読む ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」』伊藤昇(マガジンハウス、1998年/改訂版、2011年)】

 体の動きは、伸ばす・縮める、丸める・反る、捻(ねじ)るの三つに集約される。これが伊藤式胴体トレーニングの要諦である。基本的な動きは簡単だ。正座をして頭の後ろで手を組み上半身を左右に動かす。両手を下ろして胸骨を前後に動かす。そして両手を振って左右後方に捻る。「エ?」と思うのが普通の反応だろう。「それがどうした?」と私も思った。

 実際にやってみると直ぐに気づくことだが驚くほど私の胴体は不安定だ。そこでゆっくりとストレッチを行う要領で取り組んだ。更に吉田始史〈よしだ・もとふみ〉が教える動き(『仙骨姿勢講座 仙骨の“コツ”はすべてに通ず』)を取り入れた。体の内側からはまだ声が聞こえてこないが、胴体力とはでんでん太鼓の原理なのだろう。


 持ち手が脚で玉付きの紐が腕と考えれば下半身と胴体のしなやかな動きが高らかな太鼓の音につながる。

 本書はスーパースターの胴体力を解説した内容で具体的な胴体力の手引書ではない。それでも伊藤の目のつけどころが身体(しんたい)への意識を確実に変える。

スーパーボディを読む ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」 改訂版
伊藤 昇
マガジンハウス
売り上げランキング: 185,123