2018-10-13

東日本大震災~「自衛隊への御嘉賞」は戦後初めて/『ほんとに、彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行


『彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行

 ・東日本大震災~「自衛隊への御嘉賞」は戦後初めて

『インテリジェンスのない国家は亡びる 国家中央情報局を設置せよ!』佐々淳行
『私を通りすぎた政治家たち』佐々淳行
『私を通りすぎたマドンナたち』佐々淳行
『私を通りすぎたスパイたち』佐々淳行
『重要事件で振り返る戦後日本史 日本を揺るがしたあの事件の真相』佐々淳行

 平成23年3月16日、天皇はすすんで東日本大震災に戦(おのの)く日本国民に向けて、御自分の言葉で、異例の呼びかけをビデオメッセージという形で行われた。
 しかも【「自分のメッセージの間に臨時ニュースが入ったら、メッセージを中断してニュースを優先するように」と指示】しておられたのだ。(中略)
 知る人ぞ知る、知らない人は知らない、民主党の人々、菅内閣の人々は多分誰も知らないだろうが、【戦後67年間、天皇の口から「自衛隊への御嘉賞」が出されたのはこれが初めて】である。
 しかも、順序が大きな問題なのだ。
 ふつう、総理や政府高官は、「警察、消防、自衛隊」と言う。長い間の自衛隊への複雑な感情を反映して、自衛隊は後回しにされる。
 警察と防衛庁で30余年を過ごした私は、真っ先に「自衛隊」とよびかけた天皇のお気持ちを忖度(そんたく)すると、日夜泥にまみれ、死臭、簡素な給食、風呂もシャワーもままならない中で汚れ仕事に愚痴ひとつ言わず国民に奉仕している自衛隊の姿をテレビでご覧になり、これは推測だが、菅内閣の仙谷前官房長官が昨年「暴力装置」などと貶(おとし)めたことに心を痛められ、その名誉回復のために意図的に「自衛隊」と真っ先によびかけられたものと拝察する。

【『ほんとに、彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行〈さっさ・あつゆき〉(幻冬舎、2011年)】

「嗚呼(ああ)――」と頭(こうべ)を垂れた。大御心(おおみごころ)という言葉の意味がやっとわかったような気がする。直ぐ下の弟が航空自衛隊にいることもあって陛下の御心が一入(ひとしお)身にしみる。

 私の中で尊皇の精神が芽生えたのは、メッセージの内容によるものではなかった。何の気負いもなく淡々と国民に呼びかけるあのお姿であった。「ああ、ありがたいな」と心の底から思った。「日本人でよかったな」とも思った。まったく新しい感情であった。

 天皇陛下には基本的人権がない。苗字もなければ一片の自由もない。常人ではないという意味において「神」と考えてよかろう。「ただ国民のために生きる人生」を強いられるのだ。様々な祭祀(さいし)を司っていることももっと広く知られるべきだ。

ほんとに、彼らが日本を滅ぼす
佐々 淳行
幻冬舎
売り上げランキング: 31,924

敵前逃亡した東大全共闘/『彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行


 ・敵前逃亡した東大全共闘

『ほんとに、彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行
『インテリジェンスのない国家は亡びる 国家中央情報局を設置せよ!』佐々淳行
『私を通りすぎた政治家たち』佐々淳行
『私を通りすぎたマドンナたち』佐々淳行
『私を通りすぎたスパイたち』佐々淳行
『重要事件で振り返る戦後日本史 日本を揺るがしたあの事件の真相』佐々淳行

 自衛隊を「暴力装置」と呼んだ仙谷前官房長官は、東大時代に「フロント」と呼ばれる社会主義学生運動組織のシンパとして活動していたことが知られている。
 彼ら、全共闘世代は「破壊の世代」と呼ばれる。
 かつて極左過激派の長期にわたる暴力革命闘争、世界・同時・急進・武装革命を目指し、「目的は手段を正当化する」というレーニン思想や、「革命は銃から」と説く毛沢東主義に影響された「造反有理」のトロツキズムの武力闘争は、日本共産党の平和革命論よりもっと左で、もっと過激だった。
 武装の上、大学をバリケード封鎖して主張を通そうとして、全国の大学が激しい紛争状態となった。全共闘に煽動(せんどう)された学生たちは、投石や火炎瓶、角材などを武器にした「ゲバ闘争」によって、少なくとも1万5000人が逮捕され、まともな就職ができず、その人生を大きく狂わせてしまった。
 殉職者十余名を含む1万2000人の機動隊員が重軽傷を負い、なかには失明、四肢喪失、顔面火傷のケロイドなど、癒しがたい公傷を負い、今でも辛(つら)い後遺症に苦しんでいる者もいる。
 人生を狂わされた多くの“同志”や後遺症に苦しむ警察官がいるというのに、仙谷由人氏は、うまく転向して官房長官の栄職まで出世した。
 その上で国のために命がけで働く自衛隊を「暴力装置」と呼んだ。かつて機動隊を「公的暴力装置」と呼んだという証拠こそがないが、彼らの思想・思考の中ではそういう用語で呼ばれていた。今、仙谷氏が反体制イスラム武装勢力を見るかのような目で、自衛隊や警察官、海上保安官を見ているといわれても仕方があるまい。

【『彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行〈さっさ・あつゆき〉(幻冬舎、2011年)】

 民主党政権批判の書である。佐々らしからぬ徹底した猛々しさを感じるのは、彼が大学生時代から闘ってきた左翼の政権誕生に業を煮やしたせいだろう。民主党政権では旧社会党勢力が大臣ポスト3分の1ほどを占めていた。

 既に書いたことだが私は当時、佐藤優のラジオ番組をよく聴いていたせいで民主党政権にさほど違和感を覚えなかった。ラジオには「耳を傾ける」必要がある。視覚情報がないだけにマインドコントロールされやすいのだろう。更に佐藤はその後自民党が政権を取り戻すと、さり気なく沖縄二紙の論調を紹介するようになった。沖縄独立論の動きがあることも「馬鹿馬鹿しいエピソード」として取り上げているのかと思ったが実はそうではなかった。突飛な事実を紹介している風を装いながら、その後彼は独立論へと沖縄を誘導したのだ。

 仙谷由人の「暴力装置発言」は今尚記憶に新しい。自分たちのかつての暴力行為を振り返ることなく左翼用語を振りかざす態度が浅ましい。樺美智子〈かんば・みちこ〉の死は語り継がれるが機動隊員の犠牲は誰も覚えていない。彼女のために中国から1000万円のカンパが寄せられたが、「前衛政党に送られたもの」と主張した共産党が全額をせしめた。

60年安保闘争~樺美智子と右翼とヤクザ/『日本を貶めた戦後重大事件の裏側』菅沼光弘

 東大安田講堂封鎖解除警備が行われた1969(昭和44)年1月18日の前夜、真っ先に東大から逃げ出したのは、代々木(共産党)系の民青だった。(中略)
 これに次いで脱出したのが、法文系1号館と2号館に籠城していた革マル派だった。今でも続く中核派と革マルの陰惨な内ゲバは、この東大紛争の裏切りから始まった。(中略)
 念のため、東大安田講堂事件における逮捕学生の内訳を詳しく記すと、
 安田講堂に籠城していた極左過激派 377名
 この逮捕者のうち、東大生はたったの 20名
 東大構内、工学部列品館、医学部など22カ所に籠城していた全共闘 256名
 うち東大生はわずか 18名
【合計逮捕者 633名中 東大生 38名】
 であった。
 東大生はわずか6%で、あとの94%は東大全共闘を助けようと全国からはせ参じた“外人部隊”だった。外人部隊は最後まで愚直に戦い、逮捕され、前述のごとく人生を大きく狂わせてしまった。東大全共闘はその外人部隊を尻目に、前夜“敵前逃亡”していたのである。

 驚くべき事実である。旧制高校を廃止したGHQの策略はまんまと成功した。日本のエリートの体たらくがこれである。しかも日本にとっては格段に改正された日米安保に反対していたのだから馬鹿丸出しといってよい。

 日本の経済は高度成長を遂げていたが政治は迷走を続けた。自民党はアメリカから、社会党・共産党はソ連から資金提供を受けていた。

 樺美智子の死によって辞意を表明した岸信介首相が右翼暴漢に臀部(でんぶ)を三度刺されて瀕死の重症を負った(1960年、砂川裁判が日本の法体系を変えた/『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』矢部宏治)。

 東大安田講堂事件(1969年)の後にあさま山荘事件(1972年)が起こる。そして東大に乗り込み全共闘学生と対話をした三島由紀夫が1970年に自決した。

 私はこうした一連の出来事を「敗戦のジレンマ」で片づけたくない。明治開国に始まる東亜百年戦争(『大東亜戦争肯定論』林房雄)が終結に至る混乱であったと見る。三島の死がピリオドを打ったのだ。

 にもかかわらず、学生運動の風が止んでも日本の政治は落ち着くことがなかった。1989年の参院選ではマドンナブームが起こり何と社会党が自民党を上回る議席を獲得した。リクルート事件が社会党への追い風となったわけだが、今考えると実に不思議な事件で未公開株の譲渡は普通に行われていることだった。ロッキード事件と同じ臭いがする。

1993年に非自民・非共産の8党連立で細川内閣が誕生した。新党ブームで戦後長らく続いた55年体制が崩壊し、新しい時代の幕開けを国民は確かに感じた。社会党からは6人と江田五月(社民連)が入閣している。非自民政権は細川内閣8ヶ月、羽田内閣2ヶ月で終わった。各党の理念が一致してない上、意思の疎通を欠いており、何にも増して小沢一郎の豪腕が嫌われた。

 1994年に自社さ連立政権が発足し村山内閣が誕生した。自民党は禁じ手を使ったといってよい。バブルが崩壊しデフレが進行する中で政治は野合の季節を迎えた。95年には阪神淡路大震災とオウム事件が起こる。「社会党ではダメだ」と誰もが痛感した2年間だった。

 その後橋本内閣(1996年)から小泉内閣(2001~2006年)にかけて次々と規制改革が行われ、日本の伝統的な価値観(終身雇用制、護送船団方式株式持ち合いなど)が崩壊した。

 バブル景気の中からオバタリアンが生まれ、デフレになると若き乙女が援助交際に走った。

 こうした流れを振り返ると、長く左翼と闘ってきた佐々が民主党政権(2009~12年)に対してどれほどの危機感を抱いていたかがわかるような気がする。国民はいつだって無責任だ。何かを買い換えるように新しいものに飛びつくだけである。世論を重視する政治的風潮が強いが世論などは一日にして変わり得る性質のもので、政治家たる者は進むべき方向をきちんと指し示す覚悟を持つべきだ。

 東日本大震災(2011年)と福島原発事故は「日本が滅びるか」というほどの衝撃を与えた。民主党政権は何らリーダーシップを発揮することができなかった。日本に新生の息吹きを吹き込んだのは天皇陛下のメッセージであった。そして安倍晋三が「日本を取り戻す!」と叫んで立ち上がった。この四半世紀は一旦死んだはずの社会党勢力が内閣に巣食い続けた期間であった。現在彼らは立憲民主党となって蠢(うごめ)いている。団塊の世代を中心とする「懐かしサヨク」は憲法改正を阻止すべく、なりふり構わぬ闘争を展開することだろう。

彼らが日本を滅ぼす
彼らが日本を滅ぼす
posted with amazlet at 18.10.12
佐々 淳行
幻冬舎
売り上げランキング: 23,211

読み始める

腑抜けになったか日本人 日本大使が描く戦後体制脱却への道筋
山口 洋一
文芸社
売り上げランキング: 1,410,992

生命の大陸―生と死の文学的考察 (1969年) (三省堂新書)
小林 勝
三省堂
売り上げランキング: 2,578,234

脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線
ノーマン ドイジ
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 54,800

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法
べッセル・ヴァン・デア・コーク
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 4,249

動きが脳を変える──活力と変化を生みだすニューロ・ムーブメント
アナット・バニエル
太郎次郎社エディタス (2018-07-31)
売り上げランキング: 288

「動ける身体」を一瞬で手に入れる本
中嶋 輝彦
青春出版社
売り上げランキング: 2,275

春の草 (日経ビジネス人文庫)
岡 潔
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 237,253

コールド・リーディング―人の心を一瞬でつかむ技術
イアン ローランド
楽工社
売り上げランキング: 4,335

「諜報の神様」と呼ばれた男
岡部 伸
PHP研究所
売り上げランキング: 312,465

武士道 (岩波文庫 青118-1)
新渡戸 稲造
岩波書店
売り上げランキング: 5,422


ストーナー
ストーナー
posted with amazlet at 18.10.13
ジョン・ウィリアムズ
作品社
売り上げランキング: 20,056

雲の墓標 (新潮文庫)
雲の墓標 (新潮文庫)
posted with amazlet at 18.10.13
阿川 弘之
新潮社
売り上げランキング: 93,305

暗い波濤〈上巻〉 (1974年)
阿川 弘之
新潮社
売り上げランキング: 483,873

暗い波濤〈下巻〉 (1974年)
阿川 弘之
新潮社
売り上げランキング: 483,478

猟師の肉は腐らない (新潮文庫)
小泉 武夫
新潮社 (2017-03-29)
売り上げランキング: 174,684

月の魔力 普及版
月の魔力 普及版
posted with amazlet at 18.10.13
アーノルド リーバー Arnold L. Lieber
東京書籍
売り上げランキング: 90,150

旅路 (中公文庫)
旅路 (中公文庫)
posted with amazlet at 18.10.13
藤原 てい
中央公論社
売り上げランキング: 30,197

アラスカ物語 (新潮文庫)
新田 次郎
新潮社
売り上げランキング: 87,517

出版禁止 死刑囚の歌
出版禁止 死刑囚の歌
posted with amazlet at 18.10.13
長江 俊和
新潮社
売り上げランキング: 3,280

2018-10-11

佐々弘雄の遺言/『私を通りすぎたスパイたち』佐々淳行


『彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行
『ほんとに、彼らが日本を滅ぼす』佐々淳行
『インテリジェンスのない国家は亡びる 国家中央情報局を設置せよ!』佐々淳行
『私を通りすぎた政治家たち』佐々淳行
『私を通りすぎたマドンナたち』佐々淳行

 ・佐々弘雄の遺言

『重要事件で振り返る戦後日本史 日本を揺るがしたあの事件の真相』佐々淳行

 父は、そのあとも、我々の知らない人名を挙げては、くどくどと説明していく。泥酔し、自宅でもさらに飲んで酒杯を離さず、母が止めても大声をあげて怒鳴る。
「大事なことを話しているんだ」と、
「尾崎がソビエト(ゾルゲ)のスパイだった、という情報がある。そんなばかげたことがあるはずがない。でっちあげもはなはだしい」「しかし、万一そうであるならば、よしんば、それがでっちあげであっても、国防保安法とか治安維持法、軍機保護法と、いろいろな法律があって、これは重大な犯罪になる。もう、近衛は退陣した。当局がひっかけようと思えば、近衛公でさえもあぶない」「そこでもし、お父さんの身におよぶようなことがあれば、ほかの理由ならば取調べに応ずるが、スパイ容疑ということの場合には、身の潔白を証明するため、腹を切る。いいな」と。
 父の目はすで「すわっていた」。尾崎が「ソビエトのスパイ」、つまりゾルゲと共にソ連のために日本を裏切った。もし、自分がその仲間であったとでっちあげられたりしたら、父は本気で切腹するかもしれない。
 そう思ったのか、母は、こっそりと台所に行くようなふりをして、家宝でもあったいくつかの日本刀をいつものところからどこかへ隠しにいった。
 そのあと、さとすような口調で、「(あなたが)腹を切ったりしたら、かえって潔白を証明する機会がなくなってしまうのではありませんか」と父をたしなめる。
 すると父は、武士のように「黙れ、男の気持ちがわからんのか」と母を一喝し「検挙されるまえに自害すれば、おまえたちが、スパイの家族とうしろ指をさされずにすむ。みんなの名誉を守るためなんだぞ」と。
 武士の末裔(まつえい)である佐々家の主としては、「家名を汚してはならない」という思いにかられての、跡継ぎである兄と、私への「遺言」 のつもりだったのかもしれない。

【『私を通りすぎたスパイたち』佐々淳行〈さっさ・あつゆき〉(文藝春秋、2016年)】

 著者は佐々弘雄〈さっさ・ひろお:1897-1948年〉の次男である。弘雄は美濃部達吉吉野作造の薫陶を受けた法学者・政治学者で、後に朝日新聞編集委員、参議院議員を務めた人物。何よりも近衛文麿の私的ブレーン「昭和研究会」の一人として知られる。尾崎秀実〈おざき・ほつみ〉とは朝日新聞社の同僚であり、尾崎を昭和研究会に招じ入れたのも弘雄であった。

 佐々淳行はインテリジェンス・オフィサーである(初代内閣安全保障室長)。上記テキストは「スパイというものがどれほど卑劣な存在であるかを思い知らされた」との文脈で書かれているのだが、額面通りに受け止めるかどうかは読み手次第だろう。その後、尾崎秀実がソ連のスパイであったことが判明する(『大東亜戦争とスターリンの謀略 戦争と共産主義』三田村武夫)が、父親の不明に関する考察はなかったように記憶している。また親中派の後藤田正晴に長く仕えたことも私の中では燻(くすぶ)り続ける疑問の一つである。

 それでも「危機管理」という意識を日本社会に定着させた佐々淳行の功績は大きい。日本のインテリジェンスはいまだに黎明期すら迎えていないが、佐々と菅沼光弘が一条の光を放ったことは歴史に刻印されるだろう。

 あの柔らかな口調、ダンディな物腰、そして険しい眼差しを見ることはもうできない。昨日、日本の情報機関創設を見ることなく逝去した。

私を通りすぎたスパイたち
佐々 淳行
文藝春秋
売り上げランキング: 2,330

2018-10-10

西洋至上主義/『植民地残酷物語 白人優越意識を解き明かす』山口洋一


『人種戦争 レイス・ウォー 太平洋戦争もう一つの真実』ジェラルド・ホーン
『大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか』加瀬英明
『世界が語る大東亜戦争と東京裁判 アジア・西欧諸国の指導者・識者たちの名言集』吉本貞昭
『人種差別から読み解く大東亜戦争』岩田温

 ・西洋至上主義

・『〈思いこみ〉の世界史 外交官が描く実像』山口洋一

必読書リスト その四

 16世紀のポルトガルの年代記作家、ジョアン・デ・バロスは「元来、海は航海する者すべてに共有されるが、それはローマ教会の信仰を受け入れ、ローマ法で統治されるキリスト教徒にのみ適用される権利で、東洋では守る必要はない」として、ポルトガル艦隊が軍事力により、東洋の海の支配者になっていることの正当性を述べている。

【『植民地残酷物語 白人優越意識を解き明かす』山口洋一(カナリアコミュニケーションズ、2015年)以下同】

 本年度のベスト10に入る一冊である。小さな出版社から刊行されているため声を大にして推(お)しておく。著者の山口洋一は元外交官である。文章・構成・内容ともに文句なしで、一読後視野が広がることを実感できる。

 それまでは小競り合い程度しかなかった平和な世界がヨーロッパ人の航海によって一変した。彼らは文字通り世界を蹂躙(じゅうりん)し、略奪し、虐殺した。やがて植民地主義は帝国主義へと成長し二度の大戦に至る。

 やがてオランダ、次いでイギリス、フランスによる海外制覇の時代になると、宗教改革の進展もあり、ローマ法王庁のお墨付き万能の時代ではなくなり、キリスト教の布教という大義名分に代わる錦の御旗が必要となってきた。
(中略)
 ここで大義名分として、浮上してきたのが、西洋文明の絶対的な価値を認め、西洋的価値観に至上の優位的位置づけを与えんとする考え方である。価値観ばかりか、言語、生活様式、風俗習慣、礼儀作法など、西洋のものはすべて優れているとの確信が持たれ、植民地の土着文化を抹殺して、あまねくこれを押し付けようとしたのである。未開の地に西洋文明の光をもたらすことこそ植民者の重要な使命であるされ、これが大義名分となった。
 しかもこの時代、遅れをとって植民地獲得競争に参入した国々は、スペイン、ポルトガルに対抗するために、「国際法の父」と呼ばれるオランダのグロティウスが考え出した「先占」(occupation)の原則を大いに活用した。それは、「たとえその地域を事実上支配する住民がいても、国際法の主体たり得る国家によって支配されていない限り、無主の地であり、最初に実効支配した国家の領有が認められる」とする原則で、ヨーロッパ諸国が植民地を拡大する際の論拠とされた。なんのことはない、「西洋文明の国に非ずんば、国家に非ず」というわけで、たとえ現地の王様が統治していようが、西洋文明の国でない限り、そんなものはお構いなく植民地にしてしまえというのである。これ又、西洋文明だけにしか価値を認めない立場を国際法という形に体現したに過ぎない。
 やがて彼らのこの考え方は、ダーウィンの進化論の影響を受けて、「文化進化論」へと理論化され、体系化された。

 白人は強力な武器を持つ泥棒だった。世界はスペインとポルトガルで二分された(トルデシリャス条約、1494年)。コロンブスが「新大陸を発見」したのが1492年のことである。つまりヨーロッパ人は国内で魔女狩りを行いながら同時に世界で虐殺に手を染めていたわけだ。戦闘と殺戮こそが彼らの流儀である。

 第二次世界大戦後、文化相対主義が登場した。次いで文芸批評の世界でポスト・コロニアル理論が生まれ、この流れが1970年代のフェミニズム、そして80年代のポリティカル・コレクトネス(『人種戦争 レイス・ウォー 太平洋戦争もう一つの真実』ジェラルド・ホーン)へとつながる。過去に対する反動であるのは確かだが、そこに罪の意識があるかどうかは定かではない。

 西洋の価値観を至上主義とする風潮は今尚衰えることがない。自由と民主主義(※正しくは民主政)がそれだ。自由は最重要の権利であるが他国から強制される性質のものではない。アメリカが民主政を吹聴するのはメディアをコントロールすれば世論は簡単に操作可能であるためだ。大衆に正しい政治家を選択する能力はない。そもそも制作や国家予算のバランスシートを知り得る機会もほぼない。せいぜい、声の大きさや見てくれで投票を決めるのが関の山だろう。

 文化進化論を思い知らせたのが東京裁判であった。アメリカは原爆投下と東京大空襲の戦争犯罪を隠蔽するために裁判という舞台装置を必要とした。そして白人に歯向かった唯一の有色人種である日本人に鉄槌を下した。日本は犯罪国家として裁かれ、今日までその呪縛を解くことができないでいる。

 尚、ほぼ同一のテキストが『〈思いこみ〉の世界史 外交官が描く実像』(2002年)にもあることを付け加えておく。

植民地残酷物語 白人優越意識を解き明かす
山口洋一
カナリアコミュニケーションズ
売り上げランキング: 76,828

2018-10-08

藤原ていの覚悟/『夫の悪夢』藤原美子


・『流れる星は生きている』藤原てい
・『旅路』藤原てい
『妻として母としての幸せ』藤原てい
『劒岳 点の記』木村大作監督
・『我が家の流儀 藤原家の闘う子育て』藤原美子
・『家族の流儀 藤原家の褒める子育て』藤原美子

 ・藤原ていの覚悟

・『藤原家のたからもの』藤原美子
・『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩藤原正彦、藤原美子

 まだ新婚生活がスタートしたばかりのころ、私が物干し竿に洗濯物を広げていると、私の姿を見つけた母が嬉しそうに庭に下りてきた。
「いい光景だねえ。お日様がさんさんと降り注いで、洗いたての洗濯物が風に揺れている。美子さんは若くて溌剌(はつらつ)としている。この幸せがいつまでも続くように思っているでしょうけど、私たちの時代にはある日、いきなり夫が戦地へ連れていかれたりしたのですよ」
 と言った。母は柿の若葉をまぶしそうに見上げた。そして「いま戦争が起きたら、美子さん、どうしますか」と聞いた。
 戦争が起きたら、なんて考えたこともなかった。(中略)
「美子さん、正彦をどんなことがあっても戦地に送ってはいけないですよ。そのときには私が正彦の左腕をばっさり切り落としますからね。手が不自由になれば、召集されることはありません。右手さえあればなんとか生きていけますから」
 と毅然として言った。ばっさり腕を切り落とす。まだ若い息子の白い腕をばっさりと。母と一緒に見上げていた柿の枝が夫の腕に見えてきた。私は柔らかな葉の隙間から洩れる光の中で、軽いめまいがした。微塵の迷いもない母の強い語気に、まだ若い私はしばらく言葉を継げずにいた。
「それにしてもお母様、よく幼い3人を満州から無事に連れ帰ることができましたね」とやっとの思いで言うと、
「引き揚げてきたときに一番弱かったのは独身男性ですよ。守るべき者がいない人は簡単に首をくくってしまう。私には命がけで守らなければいけない子供たちがいましたからね。しかしあのような状況のときには、溢れるように出ていたお乳もぴたりと止まってしまうんですよ。赤ん坊には噛み砕いた大豆を口移しで与えたりしてどうにか連れ帰ってきたけれども、日本にたどり着いたときには1歳2ヶ月になる娘の髪は真っ白、顔はしわくちゃ、おなかばかりが膨らんで身体は私の掌に乗るほど小さかったですよ」
 と言った。引き揚げの話になると、母はいつにもまして言葉に力こもるのだった。
 修羅場ともいえる世界をくぐってきた母は、その後の平和な世になっても常にいざという事態に備えているように見えた。

【『夫の悪夢』藤原美子〈ふじわら・よしこ〉(文藝春秋、2010年/文春文庫、2012年)】

 藤原美子の名前は『月の魔力 バイオタイドと人間の感情』(1984年)で知っていた。よもやこんな美人だとは思わなかった。藤原正彦の顔を知っていれば、二人が夫婦であることに群雲(むらくも)のような疑問が湧く(笑)。しかも文章がよい。まさに才色兼備。

 藤原正彦は若い時分から父・新田次郎(本名は藤原寛人〈ふじわら・ひろと〉)の原稿を読み、美子は正彦の原稿を読み、文体が継承されている。そんな家族のつながりも興(きょう)をそそる。

 敗戦後に3人の子らと1年以上にわたる決死の逃避行(徒歩で700km以上)をした藤原ていの言葉には千鈞の重みがある。しかも子を守らんとする激しい愛情がいかにも女性らしい。戦う場所が男と女では違うのだ。

 私は後になって知ったのだが実は新田次郎よりも藤原ていの方が作家デビューが早い。しかも第一作がベストセラーとなった。新田は自分が書いた原稿を妻に見てもらっていたが、必ずクソミソに貶(けな)されたという。そうして次男の正彦に原稿が渡されるようになった。正彦に「書く」ことを勧めたのも新田である。

 藤原夫妻は既に日本を代表するエッセイスト(ユーモリストでもある)として知られるが、親子、夫婦、家族のつながりがしっかりとした軸になっており、更には戦前と戦後のつながりまでがよく見渡せる。それを一言で申せば「昭和」ということになろうか。

夫の悪夢 (文春文庫)
夫の悪夢 (文春文庫)
posted with amazlet at 18.10.03
藤原 美子
文藝春秋 (2012-10-10)
売り上げランキング: 214,516

流れる星は生きている (中公文庫)
藤原 てい
中央公論新社
売り上げランキング: 6,020

2018-10-07

読み始める

意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
トッド・E. ファインバーグ ジョン・M. マラット
勁草書房
売り上げランキング: 130,722

考える血管―細胞の相互作用から見た新しい血管像 (ブルーバックス)
児玉 龍彦 浜窪 隆雄
講談社
売り上げランキング: 253,800

敗戦への三つの“思いこみ”―外交官が描く実像
山口 洋一
勁草書房
売り上げランキング: 1,394,980

日本人の矜持―九人との対話 (新潮文庫)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 300,768

わが夫新田次郎 (1981年)
藤原 てい
新潮社
売り上げランキング: 563,376

賢者の戦略 (新潮新書)
手嶋 龍一 佐藤 優
新潮社
売り上げランキング: 171,620

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)
奥田 昌子
幻冬舎 (2018-01-30)
売り上げランキング: 3,046

アクティブメジャーズ (文春文庫)
今野 敏
文藝春秋 (2016-02-10)
売り上げランキング: 114,543

流れる星は生きている (中公文庫)
藤原 てい
中央公論新社
売り上げランキング: 9,354

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 62,967

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (文春文庫)
藤原 正彦
文藝春秋
売り上げランキング: 23,033