2015-05-31

日本の近代史を学ぶ


     ・キリスト教を知るための書籍
     ・宗教とは何か?
     ・ブッダの教えを学ぶ
     ・悟りとは
     ・物語の本質
     ・権威を知るための書籍
     ・情報とアルゴリズム
     ・世界史の教科書
     ・日本の近代史を学ぶ
     ・虐待と知的障害&発達障害に関する書籍
     ・時間論
     ・必読書リスト

敗者の条件 (中公文庫) お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ
『国民の歴史』西尾幹二
『国家の品格』藤原正彦
『お江戸でござる』杉浦日向子
狗賓(ぐひん)童子の島
『驕れる白人と闘うための日本近代史』松原久子
『日本人の誇り』藤原正彦
自由と民主主義をもうやめる (幻冬舎新書)
『逝きし世の面影』渡辺京二
シドモア日本紀行 (講談社学術文庫)幕末外交と開国 (講談社学術文庫)
『福翁自伝』福澤諭吉
『氷川清話』勝海舟:江藤淳、松浦玲編
武士の娘 (ちくま文庫)武士の娘 日米の架け橋となった鉞子とフローレンス (講談社+α文庫)
『武家の女性』山川菊栄
『ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書』石光真人
『守城の人 明治人柴五郎大将の生涯』村上兵衛
『北京燃ゆ 義和団事変とモリソン』ウッドハウス暎子
『日露戦争を演出した男 モリソン』ウッドハウス暎子
『きけ わだつみのこえ 日本戦没学生の手記』日本戦没学生記念会編
『国民の遺書 「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選』小林よしのり責任編集
『大空のサムライ』坂井三郎
『父、坂井三郎 「大空のサムライ」が娘に遺した生き方』坂井スマート道子
『今日われ生きてあり』神坂次郎
『月光の夏』毛利恒之
・『神風』ベルナール・ミロー:内藤一郎訳
英霊の絶叫―玉砕島アンガウル戦記 (光人社NF文庫)証言 台湾高砂義勇隊アーロン収容所 改版 - 西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書)
『F機関 アジア解放を夢みた特務機関長の手記』藤原岩市
革命家チャンドラ・ボース―祖国解放に燃えた英雄の生涯 (光人社NF文庫)
『アメリカの鏡・日本 完全版』ヘレン・ミアーズ
東京裁判とその後 - ある平和家の回想 (中公文庫)東京裁判―フランス人判事の無罪論 (文春新書)パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)ゴーマニズム宣言SPECIAL パール真論パール博士「平和の宣言」共同研究 パル判決書(上) (講談社学術文庫)共同研究 パル判決書(下) (講談社学術文庫)
『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』早瀬利之
『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』増田俊也
大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
『世界が語る大東亜戦争と東京裁判 アジア・西欧諸国の指導者・識者たちの名言集』吉本貞昭
世界がさばく東京裁判閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)GHQ焚書図書開封1: 米占領軍に消された戦前の日本 (徳間文庫カレッジ に 1-1)
『國破れて マッカーサー』西鋭夫
日本永久占領―日米関係、隠された真実 (講談社プラスアルファ文庫)
『日本の戦争Q&A 兵頭二十八軍学塾』兵頭二十八
[新版]日本の秘密
東亜百年戦争/『大東亜戦争肯定論』林房雄
大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか (ベスト新書)日本人として知っておきたい外交の授業封印の昭和史―戦後50年自虐の終焉日本国民に告ぐ―誇りなき国家は、滅亡する インテリジェンス戦争の時代 情報革命への挑戦 日本の敗因―歴史は勝つために学ぶ (講談社プラスアルファ文庫)あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)われ巣鴨に出頭せず―近衛文麿と天皇 (中公文庫)

『大東亜戦争とスターリンの謀略 戦争と共産主義』三田村武夫
『日本人が知らない最先端の「世界史」』福井義高
『昭和の精神史』竹山道雄
西洋一神教の世界 〔竹山道雄セレクション(全4巻) 第2巻〕
『ビルマの竪琴』竹山道雄
『みじかい命』竹山道雄
歴史的意識について (講談社学術文庫 (622))
『人種戦争 レイス・ウォー 太平洋戦争もう一つの真実』ジェラルド・ホーン
いま沖縄で起きている大変なこと戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)「悪魔祓い」の戦後史―進歩的文化人の言論と責任 (文春文庫)
『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』小林よしのり
日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)保守も知らない靖国神社 (ベスト新書)
『日本の敵 グローバリズムの正体』渡部昇一、馬渕睦夫
『誰も教えないこの国の歴史の真実』菅沼光弘
よくわかる慰安婦問題 (草思社文庫)ヤクザと妓生が作った大韓民国 ~日韓戦後裏面史

0 件のコメント:

コメントを投稿